【轉知】韓國日語日文學會2020年度冬季學術大會

<2020年度冬季学術大会発表者募集> (早期発表者募集)

日時 : 2020年 12月 19日 (土)

場所 : 未定(ソウル)

【1】發表資格 : 本學會の会員及び準會員。ただし、準会員(修士課程の大学院生など)は指導教授の推薦書を添付すること。

【2】要旨の内容 : 日本語學、日本文學、日本語敎育、日本學の他、日本研究に関連する内容で、国内外の学術誌に掲載されていない独創的な論文であること。

【3】発表申し込みの締め切り : 2月 25日 (火)

【4】要旨提出の締め切り : 11月 28日 (土)

【5】発表申し込み (発表申請書提出)

【6】要旨作成要領  ① 分量 : A4用紙 4枚  ② 使用プログラム : ハングル97以上  ③ 形式 : フォントポイント10

【7】発表の申し込み及び要旨の提出先 : hanilhak@hanmail.net (E-mailでのみ受け付けます)

【8】予稿集制作費 : 10,000ウォン
4枚を越える場合、1ページ当り10,000ウォン追加、最大8枚まで可。 制作費納付時 「(名前)予稿集」と明記。例: 홍길동요지집

【9】予稿集制作費納付口座
◆郵遞局 : 013409-02-158017  윤호숙(韓国日語日文学会)

【10 】使用言語は日本語です。
会員費30,000ウォンと予稿集代10,000ウォンは当日持参で良いです。

【轉知】2020日文系碩博士班研究生校際聯合發表大會

繼2019年淡江大學舉辦最後一屆「北區大專院校日文系碩士生聯合發表大會暨論壇」之後,由靜宜大學接續承辦,希望持續經營全國日文系研究生的研究發表平台,提升研究風氣,鍛鍊日語論文發表能力,相互切磋琢磨,增進校際交流,培育日本語文相關領域的高階研究人才。 更多詳細訊息請參照靜宜大學日文系網頁最新消息請參照本系系網最新消息: http://www.japanese.pu.edu.tw/news/news.php?class=102 2020日文系碩博士班研究生校際聯合發表大會-議程表與本校地圖 可以接受電子檔mail報名至2月13日星期四前 請洽:u20530@pu.edu.tw 04-26328001*12011 日文系秘書

大葉大學應用日語學系誠徵專案教師

需求人數:1~2名
專長/領域:具國內外日語教育學、日語語學、日本文學或日本文化相關專長之助理教授以上資格。

檢附資料:
1.履歷表。 (含自傳、學經歷、可教授課科目、曾教授科目的教案、研究業績)
2.主要研究論文。
3.其他有助審查之文件。
4. 若有助理教授(含)以上證書證書可檢附。

預計起聘日:109年8月01日
收件截止日:109年4月20日(星期一)前寄達
面試日期:109年5月上旬(預訂)

聯絡人員:大葉大學應用日語學系溫宏元助理
聯絡電話:04-8511888 轉6071
E MAIL:dj5220@mail.dyu.edu.tw

*意者請函寄應徵資料至:
「51591彰化縣大村鄉學府路168號 大葉大學 應用日語學系」,信封上請註明「應徵專案教師」。

〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語 2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會

敬啟者您好:

〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語  2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會

1.主辦單位:文藻外語大學日本語文系

2.會議時間:2020年9月27日(星期日)

3.會議地點:文藻外語大學

4.會議主題:〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語 2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會

5.專題演講:

(1)日本・東京外國語大學 荒川洋平教授 - 「移民時代的對外日語溝通」
(2)韓國・水原科學大學 朴英淑教授-「植民地時期的國語教科書中所見之語言教育-以朝鮮.(台灣)的國語教科書為例」

6.發表方式:【使用語言】日文

【發表時間】25分鐘(發表20分鐘、討論5分鐘)

7.報名方法:2020年5月29日(星期五)前,將報名資料之WORD檔寄至以下電子郵件地址。

郵件名稱請註明「〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會論文發表」。

電子郵件:wenzaojpsym@gmail.com

8.繳交資料:①論文中(日)文摘要、②論文發表申請書

9.審查方式:發表摘要經本籌備委員會審慎評估會審後,決定接受論文篇數及發表者。

10.審查結果通知:6月底前以電子郵件通知。

 

附件:

摘要

發表申請書

徵稿啟事

國立政治大學日本語文學系國際學術研討會資訊

敬啟者 您好:

國立政治大學日本語文學系謹定於2020年10月17日(六)舉辦國際學術研討會,即日起公開徵求發表論文。

主題:東亞漢字文化的傳承與創新。

報名方式:2020年5月5日(二)前,將論文題目及日文摘要A4一頁(含關鍵詞5字以內)、
個人簡歷各乙份,以電郵方式寄至japanese@nccu.edu.tw(李助教)。詳細內容請參照附件。

国立政治大学日本語文学科は2020年10月17日(土)に国際シンポジウムを行う予定です。本日より発表論文を募集します。

テーマ:東アジア漢字文化の伝承と創造

申込方法:A4用紙1枚に、発表題目・要旨・キーワード(5つ以内)を記載し、研究略歴を添えて、
2020年5月5日(火)までに下記のメールアドレスまでお送りください。japanese@nccu.edu.tw(李助教)詳細は添付ファイルをご参照ください。

在此竭誠歡迎各位先進能夠共襄盛舉,
並請協助轉告週知,
感謝您的協助與支持。

政大日文系敬上

活動資訊請參考以下網站:
https://japanese.nccu.edu.tw/app/news.php?Sn=398

新年のご挨拶

会員の皆様
 
台湾日本語文学会理事長の王世和です。2020年の新たな年を迎えましたこと、謹んでここにお祝い申し上げます。旧年中は第336・337回例会、『台灣日本語文學報』45・46号の発行、12月には国際シンポジウム「日本語‧日本文学研究の人文知‧社会知」の開催などを無事に終わらせることができました。発表にお申し込みいただいた方々、ご参加いただいた方々、そして関係スタッフの方々に心より感謝申し上げます。また第337回の例会では、本学会が30周年を迎えたお祝いをいたしました。この30年を支えてくださったのも、ひとえに会員の皆様のおかげであると思っております。31年目を踏み出した新年にあたり、会員の皆様に深く感謝の意を表します。
 
また新年にあたり、皆様にご報告がございます。科技部による2019年度の「臺灣人文及社會科學期刊評比暨核心期刊收録」において、本学会の学会誌『台灣日本語文學報』がTHCIに選考されました。本学会誌がTHCIに選ばれたのも、前理事長である賴振南先生をはじめ、前事務局の方々によるご尽力の賜物です。皆様には心からの感謝の意を表すとともに厚く御礼申し上げます。昨年度より事務局が一新されましたが、我々も皆様から引き継いだこれまでの努力を絶やさぬよう力を尽くして参ります。
 
 最後に2020年におきましても、本学会がこれまで以上に発展するよう、事務局一同尽力する所存です。今後とも台湾日本語文学会を何卒よろしくお願い申し上げます。
 
2020年02月01日
王 世和
 

台湾日本語文学会第339回例会

【第339次例會中止】
由於新型冠狀病毒( COVID-19 )疫情嚴重,本學會第339次例會延期舉辦,日期及地點將另行公告。

造成不便,敬請見諒。

時  間 : 2020年3月21日 (六) 上午10:00-12:00
地  點 : 東吳大學第一教研大樓R1012(台北市士林區臨溪路70號)

主   持  人:高淑玲(景文科技大學應用外語系 副教授)

發表者① : 戶田哲也(景文科技大學應用外語系 助理教授)
題          目 : 「日本人論」における二項対立の構図ー「タテマエ」と「ホンネ」を例として
評   論  人 : 楊錦昌(輔仁大學日本語文學系 教授)

發表者② : 蔡美雲(台灣大學文學院語文中心中國語文組 華語教師)
題          目 : 結果構文と可能表現の研究ー日本語母語話者の中国語誤用分析ー
評   論  人 : 中村祥子(輔仁大學日本語文學系 副教授)

歡迎踴躍參加