カテゴリー別アーカイブ: 國際研究会案内

【轉知】第六回アジア未来会議

アジア未来会議は、日本で学んだ人や日本に関心のある人が集い、アジアの未来について語る<場>を提供します。アジア未来会議は、学際性を核としており、グローバル化に伴う様々な課題を、科学技術の開発や経営分析だけでなく、環境、政治、教育、芸術、文化の課題も視野にいれた多面的な取り組みを奨励します。皆様のご参加をお待ちしています。

名称第6回アジア未来会議
テーマアジアを創る、未来へ繋ぐ-みんなの問題、みんなで解決-
日時2021年8月27日(金)~31日(火)(到着日、出発日を含む)
会議場中国文化大学(台北市)

ウェブサイト:http://www.aisf.or.jp/AFC/2021/

【韓国日本語学会】 第42回秋季国際学術大会の発表者早期募集のお知らせ

(1)日時:2020年9月19日(土)

(2)場所:高麗大学(予定)

(3)発表の申し込みの締め切り:2020年2月28日

(4)申し込みの窓口:jlak_study@naver.com(学術理事)

(5)発表申請時の記載事項: 

       ①発表題目:(発表題目が韓国語の場合、日本語の題目もお送りください)

      ②発表の形式: 一般発表( ) ポスター発表( )

        ③発表の使用言語:韓国語(  ) 日本語(  )

        ④氏名: (ハングル)                (漢字)

        ⑤所属: (ハングル)                (漢字)

         ⑥Eメールアドレス:              電話番号: 

 (6) 発表形式(一般発表) : 発表時間 20分, 討論 20分(討論者 2名)

 (7)発表要旨の作成の仕方については、以下のウェブページをご覧ください。

http://www.jlak.or.kr/modules/doc/index.php?doc=test2&___M_ID=187

 (8) 要旨提出の締め切りは、追ってお知らせいたします。

〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語 2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會

敬啟者您好:

〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語  2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會

1.主辦單位:文藻外語大學日本語文系

2.會議時間:2020年9月27日(星期日)

3.會議地點:文藻外語大學

4.會議主題:〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語 2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會

5.專題演講:

(1)日本・東京外國語大學 荒川洋平教授 - 「移民時代的對外日語溝通」
(2)韓國・水原科學大學 朴英淑教授-「植民地時期的國語教科書中所見之語言教育-以朝鮮.(台灣)的國語教科書為例」

6.發表方式:【使用語言】日文

【發表時間】25分鐘(發表20分鐘、討論5分鐘)

7.報名方法:2020年5月29日(星期五)前,將報名資料之WORD檔寄至以下電子郵件地址。

郵件名稱請註明「〈日本文學・語言・文化〉移民時代の日本語2020年文藻外語大學日本語文系國際研究發表會論文發表」。

電子郵件:wenzaojpsym@gmail.com

8.繳交資料:①論文中(日)文摘要、②論文發表申請書

9.審查方式:發表摘要經本籌備委員會審慎評估會審後,決定接受論文篇數及發表者。

10.審查結果通知:6月底前以電子郵件通知。

 

附件:

摘要

發表申請書

徵稿啟事

國立政治大學日本語文學系國際學術研討會資訊

敬啟者 您好:

國立政治大學日本語文學系謹定於2020年10月17日(六)舉辦國際學術研討會,即日起公開徵求發表論文。

主題:東亞漢字文化的傳承與創新。

報名方式:2020年5月5日(二)前,將論文題目及日文摘要A4一頁(含關鍵詞5字以內)、
個人簡歷各乙份,以電郵方式寄至japanese@nccu.edu.tw(李助教)。詳細內容請參照附件。

国立政治大学日本語文学科は2020年10月17日(土)に国際シンポジウムを行う予定です。本日より発表論文を募集します。

テーマ:東アジア漢字文化の伝承と創造

申込方法:A4用紙1枚に、発表題目・要旨・キーワード(5つ以内)を記載し、研究略歴を添えて、
2020年5月5日(火)までに下記のメールアドレスまでお送りください。japanese@nccu.edu.tw(李助教)詳細は添付ファイルをご参照ください。

在此竭誠歡迎各位先進能夠共襄盛舉,
並請協助轉告週知,
感謝您的協助與支持。

政大日文系敬上

活動資訊請參考以下網站:
https://japanese.nccu.edu.tw/app/news.php?Sn=398

LPSS 2019研討會早鳥報名優惠

早鳥報名優惠至2019年9月30日

中研院語言所、日本國立國語研究所與中華民國計算語言學學會共同主辦

The 3rd International Symposium on Linguistic Patterns in Spontaneous Speech (LPSS 2019) Speech communication: Technology, learning, and pathology

2019年11月21-22日  中研院人文館南棟三樓第二會議室

會議官網  http://lpss2019.ling.sinica.edu.tw

歡迎從事與口語溝通研究與應用的朋友們報名參加,讓這次的會議成為台灣語音研究跨領域的溝通平台。從資料、技術、應用三方面共同分享彼此的看法與期待!

本次會議邀請了三位專家分別進行以口語溝通串連語音科技、語言治療以及語言習得等領域之專題演講。

Kelly Davis(Mozilla)

Free(ing) Speech: Collection, Validation, and Recognition

Satoshi Imaizumi(University of Tokyo Health Sciences)

Speech Patterns of Children with Neuro-developmental Disorders

Charles Yang(University of Pennsylvania)

The Role of the Lexicon in Phonological Acquisition and Change

標註良好的語音資料為語言學理論研究以及與語言相關的臨床、教育、科技應用不可或缺的基礎。本會議安排三個學界與業界單位展示語音資料庫相關之收集、技術與應用成果。特別是自發性的對話語音語料為目前人工智慧語音技術向前邁進最為重要的資源之一。

日本國立國語研究所:

– Corpus of Spontaneous Japanese

– Corpus of Everyday Japanese Conversation

– Corpus of Japanese Dialects

– Comprehensive searching environment for the above corpora

中研院語言所:

– Taiwan Mandarin Adult Conversation Corpus

– Taiwan Mandarin Child speech Corpus

– Taiwan Mandarin Sociolinguistic Database

– Query system for the above corpora

– Normative Database of Taiwan Mandarin Children Developmental Speech

Mozilla:

– Common Voice project

此外,大會也安排與特邀講者面對面對談的小型座談會。希望能促進與口語溝通和語音研究於語言學、語音科技、語言治療、語言學習等學術與應用等領域的同行之間對於資料、技術、應用等相關需求的瞭解。透過與資深專家面對面的對談,希望能有機會促成跨領域或跨國的學術/產學合作。

詳細活動流程請見以下連結: LPSS 2019研討會

文藻外語大學日本語文系「<日本文學・語言・文化>國際研究論壇:知與體驗」発表募集

文藻外語大學日本語文系<日本文學・語言・文化>国際研究フォーラム:「知と体験」、発表募集中。詳細は添付ファイルをご参照ください。

2017%e5%9c%8b%e9%9a%9b%e5%ad%b8%e8%a1%93%e7%a0%94%e8%a8%8e%e6%9c%83%e4%b8%ad%e6%97%a5%e6%96%87%e7%89%88%e5%be%b5%e7%a8%bf%e5%95%9f%e4%ba%8b

附件一:論文中日文摘要

%e8%ab%96%e6%96%87%e4%b8%ad%e6%97%a5%e6%96%87%e6%91%98%e8%a6%81%e9%99%84%e4%bb%b61

附件二:論文発表申請書

%e8%ab%96%e6%96%87%e7%99%bc%e8%a1%a8%e7%94%b3%e8%ab%8b%e6%9b%b8%e9%99%84%e4%bb%b62

 

第323回日本近代語研究会

第323回日本近代語研究会を、下記の通りに行ないますので、ご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

日 時:2015年5月22日(金) 13時~18時

場 所:甲南大学 岡本キャンパス 10号館1022教室
正門はいってすぐ右手

所在地 〒658-8501  兵庫県神戸市東灘区岡本8-9-1
電話078-431-4341(代表)
http://www.konan-u.ac.jp/access/#01

http://www.konan-u.ac.jp/access/campus.html

題 目:
(1)13:00~13:50
明治時代における仮名遣い規範について
大阪大学大学院生 ダニエル・小林ベター氏
(2)13:50~14:40
『葛原勾当日記』の表記の特徴について
関東短期大学 中野 真樹氏
<休憩 14:40~14:55>

(3)14:55~15:45
ユヱとユヱニ       岡山大学大学院生 片山 鮎子氏

(4)15:45~16:35
「運動」および「活動」による複合語の史的研究序説
花園大学 橋本 行洋氏
<講演>
(5)16:45~17:55
文化交渉学と言語研究
関西大学教授  内田 慶市氏

第322回日本近代語研究会

第322回日本近代語研究会を、下記の通りに行ないますので、ご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

日 時:2015年4月25日(土) 15時~18時

場 所:国立国語研究所 一階中会議室1
http://www.ninjal.ac.jp/utility/access/

題 目:
日系企業における外国人社員の日本語学習状況とビジネス・
コミュニケーション
國學院大學大学院生 金庭香理氏

第39回国際日本文学研究集会

日本文学研究者による研究発表・討議により、広い視野からの日本文学研究の進展を図り、研究者相互の国際交流を深めるため開催いたします。

開催日:平成27年(2015年)11月14日(土)~11月15日(日)
会 場:国文学研究資料館2階大会議室

第39回国際日本文学研究集会では、研究発表者、ショートセッション発表者及びポスターセッション発表者を募集しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.nijl.ac.jp/pages/event/symposium/2015/japanese_literature.html

研究発表等の申込みをご希望の方は、各募集要領記載の申込み方法により、必要書類を下記の申込み先にE-mail・郵送・FAXのいずれかの方法でお送りください。

申込み締切:平成27年(2015年)6月26日(金)《必着》

(申込み先・問い合わせ先)

国文学研究資料館 国際日本文学研究集会事務局
〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
TEL:050-5533-2911,2912
FAX:042-526-8604
E-mail: